糖尿病予備軍のアナタに教える! ~今からでもできる予防法とは?~

自力で血糖値を何とかできないか

アナタの現在の血糖値をみると、悪化すると糖尿病になってしまうので、気をつけて下さいと先生から宣告されてしまった方、そんなに少なくないと思います。

ましてや、ビールがおいしい季節に突入し、ちょうどビアガーデンに会社の仲間と行ったりする機会が増えて、ますます自分の血糖値を悪化させてしまう事になるなんて事もあるでしょう。

せめて、日中だけは血糖値が上がるような事を避けよう、できたら血糖値が下がるものを摂取したいなと思いますよね。
そんな方におススメなのが、特定保健用食品(通称:トクホ)です。テレビのコマーシャルでも御存じの方は多いと思います。ただ、漠然と体に良いと国が認めている商品みたいだと思っている方も少なくないと思います。
一体どのようなものなのか、そして血糖値を下げる商品にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

トクホで血糖値をコントロールできるかも

そもそも特定保健用食品であるトクホは、それぞれ製品ごとに厚生労働省管轄下の消費者庁から「トクホと表記して良し」と許可を受けており、その保健の効果(許可表示内容)を表示することができるようになっている飲食品です。他の食品と大きく違う点は、体の生理学的機能などに良い影響を与える成分が含まれている事ですね。

例えば、血圧をコントロールする機能を補助したり、血中のコレステロールを正常に保つ事ができるように効果を発揮したり、お腹の調子を整えるのに役立つ等の効果が科学的に証明されているという事です。
この「科学的に証明されている」というのは、国に科学的な根拠をデータとして提出し、有効性や安全性の審査を受けて合格しているという事であり、つまり国のお墨付きの飲食料品という訳です。

血糖コントロールの効果があるトクホはどんなものがあるのか

では、実際に血糖値を下げるトクホについて見てみましょう。
実際に成分として血糖値を下げるとして認められているものは、食物繊維や小麦アルブミン、豆鼓エキス、ポリフェノールが代表的なものです。
食物繊維含有ですと「健茶王」、小麦アルブミン含有は、「グルコデザインスープ」、豆鼓エキス含有だと、「豆鼓エキスつぶタイプ」、ポリフェノール含有だと、「グァバ葉ポリフェノール」が商品として代表的なものでしょう。

これらの商品の中には、血糖値を下げるだけではなく、ポリフェノールのようにコレステロール値を下げる成分も兼ねている場合もありますので、いくつか生活習慣病を抱えている方にも心強い味方になりますね。通常のサプリメントやお茶よりも割高感はありますが、スーパーやドラッグストアで気軽に入手でき、味も悪くないので継続し易いものばかりです。

また、昨今ではインターネットで購入もできますので、自宅に居ながらにして継続のための一括購入もできたりしますね。

ただ、これらを摂っているから糖尿病だけど安心だと勘違いは禁物です。気をつけてほしい事は、これらはあくまでトクホという認可を受けているだけであり、医薬品ではないため、糖尿病を治療できるわけではないという事と、これらを大量に摂取したところで糖尿病を治療できるものではありませんという事です。

これらトクホには、1日摂取量の目安は上限が必ず記載されていますので、その記載量を守って摂取しましょう。また、糖尿病である場合は、まずは病院にて治療を行う事が先決です。その上でお医者さんにトクホに関して、摂取してよいかどうか等相談してみましょう。

稀ではありますが、病院で処方される薬には飲食品と相互作用を起こし、体に悪い影響をもたらすものもあります。それを避けるためにも、自分の摂取しているもので特別なものがあるようでしたら、必ずお医者さんに伝えましょうね。

基本編

おいしく糖尿病対策編

糖尿病の気になるトリビア編

サイト情報