糖尿病予備軍のアナタに教える! ~今からでもできる予防法とは?~

血糖値を下げるお茶



糖尿病気味のアナタ、病院で処方される薬とかは飲みたくないけど血糖値は何とかして下げたいと思っているアナタに、飲むだけで血糖値を下げるお茶の存在をお伝えします。

トクホの存在も視野に入れて

最近、血糖値を下げる効果がある事から、特定保健栄養用食品(いわゆるトクホ)指定商品である事をうたっているものも沢山あり、インターネット上でも様々な商品が紹介されています。今回は、この中でもデータとしてしっかりしているものを紹介したいと思います。

具体的な商品はどんなものがあるの?

まずは、グルコケア(大正製薬)について。名前を御存じの方も多いハズです。CMでトクホ製品として大々的に宣伝していますね。この製品の有効成分は、難消化性デキストリンという水溶性の食物繊維で、血糖調節効果、整腸効果、コレステロール低下作用など血糖値を下げる以外の効果も期待できると言われています。

小腸で糖質を吸収し体外へ排泄する事により、糖質の体内吸収を抑えるためダイエット効果もあると考えられています。この有効成分は、他にも各種緑茶飲料にも含有されている事があります。
つまり、血糖値が高い人だけでなく、胃腸が弱かったり、コレステロール値が高めの方にもぴったりという訳です。糖尿病は、他の生活習慣病と合併しやすい事もありますので、そのような方にはお勧めですね。

次に御紹介する有効成分は、ポリフェノールです。これは、血管さらさら効果が赤ワインにあると言われた、その有効成分でもあります。
実を言うとこのポリフェノールは種類が沢山あって、お茶に含まれるカテキンや蕎麦のルチンなども同じ仲間に該当します。意外と知られていない事ですよね。ポリフェノールによって糖質の吸収を遅らせ、血糖値の増加をゆるやかにさせ、急激な糖尿病への移行を防ぐのです。

ちなみに、ほとんどのお茶にポリフェノールは含まれていますが、特に多く含まれているのが御存じ「蕃爽麗茶」です。

珍しいものですと、まいたけウーロン茶というものもあります。
まいたけに含まれる食物繊維により糖の吸収を抑制しますし、まいたけに含まれる成分には、体内で産生されているインスリンの効きを良くし、糖分の分解を促します。
ウーロン茶は、脂質吸収を抑制する効果もありますから、このお茶も一石二鳥ですね。

如何でしょうか。いくつか代表的なものを紹介させて頂きましたが、皆さんは全て御存じだったでしょうか。また、西洋茶いわゆるハーブでも血糖値を下げると言われているものは沢山あります。御自分の口に合う一品が見つかるといいですね。

基本編

おいしく糖尿病対策編

糖尿病の気になるトリビア編

サイト情報