糖尿病予備軍のアナタに教える! ~今からでもできる予防法とは?~

熱をスポーツドリンクで対処するアナタへ

熱がかなりある風邪をひくと、なんとかして水分補給し、熱を下げようとしますよね。

アナタならどのような方法をとりますか?はちみつレモン茶を飲みますか?しょうが湯を飲みますか?それとも、スポーツ飲料を大量に摂取しますか?私は今までは、断然スポーツ飲料をとってとにかく熱をおとそうと試みていました。ある事実を知るまでは…

実を言うと大きな落とし穴が…

汗をかいた場合は、体から水分とともにミネラル分も出てしまうので、熱で大量の汗をかいた時にもスポーツ飲料はいいのではないかと思われる方も多いかもしれませんが、そこは待って下さい。そこには大変な落とし穴があります。

若者を中心に増加しているペットボトル症候群とは

「ペットボトル症候群(ソフトドリンクケトーシス)」という言葉は、御存じありませんか?
スポーツ飲料や清涼飲料水を大量に飲み続けた結果、急性の糖尿病になってしまう事を言います。
これは、1992年に聖マリアンナ医科大学から、大量のスポーツ飲料や清涼飲料水を摂取した若い人の多くが糖尿病性ケトアシドーシスの症状を起こした事をうけて研究報告されたものです。
糖尿病性ケトアシドーシスとは、意識障害や昏睡、異常に深大な呼吸が連続してしまう状態の事を指します。意識不明の重体で救急車で病院に搬送された例もあります。

実を言うと、市販されている清涼飲料水の多くは、100mlあたり10g程度の糖分が含まれています。スポーツドリンクには100mlに6g程度含まれており、決して少ない量ではありません。
これを仮に2L飲んだとすると、角砂糖約30個もしくは2gのスティックシュガー60本というとんでもない糖分の摂取になってしまいます。これだけ聞いても体にとても悪そうに思えますよね。

では、かわりになるとなるような飲料物はないのでしょうか?実を言うと近年、経口補水液(けいこうほすいえき)と言うものが販売されているのを御存知ですか?ORSとも呼ばれ、水分と電解質の補給を素早く行えるようにナトリウムと糖分の濃度を調整している飲料水になっています。
手術後等に点滴で補水を行う事は昔から行われていましたが、口から飲む形なので、一般でも使用し易くなっています。

また、単なる水と違い塩分と糖分がバランス良く含まれているので体内で非常に吸収しやすくなっています。
代表的なものは、大塚製薬から発売されているOS-1という飲料水ですが、他にも何社から発売されています。

この経口補水液、実を言うと私も買いに走った事があるのですが、時期は冬で家族がインフルエンザで高熱を出してしまった時だったのです。驚く事に3軒程回って、やっと入手する事が出来ました。

また、そのうち1軒は、薬剤師に経口補水液と言っても通じませんでした。OS-1と言う商品名が先行してしまい、本来の名前が専門の人にも認知されていないという事がわかりました。

また、夏場や脱水症状が良く出るので店頭に置いてあるが、冬場はないと答えた薬局もありました。

このようにあまり安定供給されない経口補水液、困った時は自分で作る事も出来ます。
水1Lに対し、塩小さじ2分の1、砂糖大さじ4+こさじ1の分量で作ります。ちなみに味はスポーツドリンクが甘くなくなって、代わりにちょっとしょっぱくなった感じです。

乳幼児を持つ親御さん達は特に子供が熱で苦しんでいるときに、スポーツドリンクでとにかく水分補給をと思われるかもしれませんが、乳幼児の場合は、先出したペットボトル症候群の他に、低ナトリウム血症やそれが悪化して水中毒を引き起こしてしまいます。

水中毒の原因は過剰な水分摂取、つまり飲んでも体に吸収されない状態を指し、症状としては、頭痛・嘔吐・精神症状の他に、ひどい時には昏睡や死にいたる事もありますので、吸収効率の高い経口補水液の方が安心である事がお分かりいただけるかと思います。

基本編

おいしく糖尿病対策編

糖尿病の気になるトリビア編

サイト情報